上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.01.02 謹賀新年
2018nenngq.jpg

あけましておめでとうございます
幸多き年でありますように
本年もよろしくお願いします   きよ姫
             (乗鞍岳 ・ハクサンイチゲ 2017、08)
2017.11.08 紅葉と雪景色
紅葉と雪景色

yukigesiki11052.jpg
竜王マウンテンパーク

11月4日、秋の終りを八ヶ岳山麓で楽しもうと、トレッキングに出かけた
美濃戸山荘を出発点に、今回は北沢コースを赤岳の途中まで歩くことにした
唐松林の紅葉が綺麗だ。苔むした林の中、広くてなだらかな歩きやすいコースだ
一時間半ほど歩いた頃、ポロポロ降っていた雨が本降りに
体も寒くなり、もう帰ろうと・・・根性の無い私たちである
今晩は八ヶ岳中央高原の温泉で暖まろう

hyousiki11041.jpg


hyousiki11042.jpg


karamatubayasi11041.jpg


karamatubayasi11042.jpg


koke11041.jpg


sawa11041.jpg


11月5日、北志賀、竜王マウンテンパークへ
諏訪南より信州中野まで高速で、初めての場所なのでナビを頼りにロングドライブ
156人乗りの最大級のロープウエイにのり1770m.の高さまで
そとは真っ白な雪景色 「わーい」 思いがけない風景に嬉しい悲鳴
紅葉と雪景色が一緒に体験できるなんて。よい時に出会えた

yukigesiki11051.jpg


yukigesiki11053.jpg


yukigesiki11054.jpg


雪を冠った火打山

hiutiyama11051.jpg


hiutiyama11052.jpg


ロープウエイ乗り場

ro-puuei11051.jpg
2017.10.23 フジバカマ
藤袴<キク科>

本州の関東地方以西、四国、九州の川の土手などに生える多年草
花期8~9月 高さ1~1,5m.
葉は対生し、長さ8~13cmの長楕円形で、ふつう3つに深く切れ込む

フジバカマは秋の七草のひとつ、最近野生の花に出会うことが少ない
10月18日、東谷山HPに咲くことを知っていたので、訪れてみた
今年は花の咲くのが早いのか、遅いのかよくわからないが、少し咲いていた

フジバカマ

fuzibakama10182.jpg


ハナシュクシャ

hanasyukusya10181.jpg


シモバシラ

simobasira10181.jpg


ツワブキ

tuwabuki10181.jpg


イモカタバミ

imokatabami10181.jpg


ホトトギス

hototogisu10181.jpg


ひまわりとコスモス

himawari10182.jpg


コスモス

kosumosu10181.jpg


ピラカンサ

pirakansa10181.jpg

奥紅葉白熊<キク科>

浅く掌状に切れ込んだ葉をモミジにたとえてこの名がある
山地の木陰に生える多年草
草丈 30~80cm 花期8~10月
ハグマとはヤクの尾の毛のことで、仏具の払子や槍・兜などの飾りにする
白い花がこれに似ているということ

秋風が爽やかな10月8日、シラヒゲソウの森を訪れたがちょっと遅かったかな・・・
オクモミジハグマ、いつも急な滑りやすい場所に咲き、注意をして撮影をするが
今年は反対側の山肌で一株見つけた。ラッキーでした
ハグマ類は目立たない花ですが会えば嬉しい。クルマバハグマはたくさん咲いていました

オクモミジハグマ

okumomizihaguma10082.jpg


okumomizihaguma10081.jpg


クルマバハグマ

kurumabahaguma10082.jpg


kurumabahaguma10081.jpg


シコクママコナ

sikokumamakona10081.jpg


キセルアザミ

kiseruazami10081.jpg


シラヒゲソウ

sirahigesou10081.jpg


sirahigesou10084.jpg


sirahigesou10082.jpg


ツルリンドウ

tururindou10081.jpg


tururindou10082.jpg



2017.10.06 ウメバチソウ
梅鉢草<ユキノシタ科>

まるい花弁が5個ある花を梅鉢の紋に見立てた名前
山地の日当たりの良い湿った草地に生える多年草
花期8~10月 葉は2~4cmのハート形で花茎の葉1個
草丈10~50cm 先端に2~2、5cmの白い花を1個付ける

10月01日、蛇峠山(1664m.)を登った。馬の背(1456m.)まで車である
ここは登山道と車道とあり、整備された車道をゆっくり散策した
ウメバチソウ・ノコンギク・ゴマナ・マツムシソウなど沢山の花に出会えた

ウメバチソウ

umebatisou10032.jpg


umebatisou10031.jpg

アキノキリンソウ ?


akinokirinsou10031.jpg


アザミ

azami10031.jpg


ゴマナ

gomana10031.jpg


リンドウ

rindou10013.jpg


マツムシソウ

matumusisou10031.jpg


キバナノヤマオダマキ


kibananoyamaodamaki10031.jpg


ツリガネニンジン

turiganenizin10031.jpg


ホソバノツルリンドウ

hosobanotururindou10032.jpg


センブリ

senburi10031.jpg


ノコンギク

nokongiku10031.jpg


ヤクシソウ

yakusisou10031.jpg


ホコリタケ

hokoridake10031.jpg


tyouzyou10031.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。