小伊吹薊<キク科>

伊吹山頂のような石灰岩地で、表土がよく乾燥し、風当たりの強いところに敵している
花期8~10月 草丈50~100cm 
伊吹山の固有種で葉には柄が無く深く切れ込み棘がある

9月10日、伊吹山のお花畑を訪れた。9月に訪れたのは初めてで
夏に山をピンクにに染めたシモツケソウは姿を消し、初秋の山は少し寂しげな色合い
でもやはりここはお花畑、サラシナショウマ・フジテンニンソウなど、たくさんの花が咲き
ここでダイモンジソウに出会えたのは意外な驚きでした

コイブキアザミ

koibukiazami09101.jpg


ダイモンジソウ

daimonzisou09102.jpg


アキノキリンソウ

akinokirinsou09101.jpg


アケボノソウ

akebonosou09101.jpg



クルマバナ

kurumabana09101.jpg


ツリガネニンジン

turiganeninzin09102.jpg


シオガマギク

siogamagiku09102.jpg


コウゾリナ

kouzorina09101.jpg


ミツバベンケイソウ

mitubabenkeisou09101.jpg


フジテンニンソウ

huzitenninsou09101.jpg


キンミズヒキ

kinmizuhiki09101.jpg


サラシナショウマ

sarasinasyouma09101.jpg


後へ続きます




スポンサーサイト
Secret