2017.06.19 カキラン
柿蘭<ラン科>

丘陵の沢沿いや湿地に生える。葉は縦の脈が目立つ
オレンジがかった黄色の花が咲くことからこの名ががある
花期6~7月 高さ30~70cm
長さ1cmほどの花が咲き、唇弁の内側には紅紫色の模様がある

梅雨の時期のはずがカラカラ天気
6月18日、春日井のいつもの池の湿地にカキランとトキソウが咲いているとの情報
湿地はやはり乾燥気味。花たちはいつもの綺麗な花姿を見せて咲いていました

カキラン

kakiran06147.jpg


kakiran06182.jpg


kakiran06184.jpg


kakiran06185.jpg


トキソウ

tokisou06181.jpg


tokisou06182.jpg


tokisou06183.jpg


tokisou06184.jpg


コバノトンボソウ

kobanotonbosou06181.jpg


ササユリ

sasayuri06181.jpg


hatena06181.jpg


ヒメシャラ  (以下緑化センターにて  6月14日)

himesyara06141.jpg


イワガラミ

iwagarami06141.jpg


タイサンボク

taisanboku06141.jpg

スポンサーサイト
2017.06.15 ヒヨクソウ
比翼草<ゴマノハグサ科>

山地の日当たりの良い草原に生える多年草
茎や葉、花柄などに白い軟毛がある。葉は対生する
花期6~7月 高さ30~60cm 花は直径8ミリほど

6月11日、伊吹山(1377m.)へ花散策に出かけた
いつもは山頂お花畑まで車で出かけていたが、今回は登山道を歩いて登ろうと思い立った
登山道入り口(220m.)から3合目(720m.)までの予定でしたが
日ごろの運動不足と帰りの予定時間の都合もあり、3合目手前で下山。残念でした
それでもいろいろな花に出会え、満足の登山でした

ヒヨクソウ

hiyokusou06111.jpg


イブキノエンドウ

ibukiendou06112.jpg


キバナノレンリソウ

kibananorenrisou06112.jpg


クサフジ

kusahuzi06111.jpg


ナワシロイチゴ

nawasiroitigo06111.jpg


サワギク

sawagiku06111.jpg


ゲンノショウコ

gennosyouko06111.jpg


タツナミソウ

tatunamisou06111.jpg


hatena06111.jpg


hatena06114.jpg


ユキノシタ

yukinosita06111.jpg


hatena06113.jpg


登山道入口  右側にユキノシタがいっぱい咲いていた

iriguti06111.jpg


一合目 ここから草原で歩きやすかった

itigoume06111.jpg