2016.12.21 フユイチゴ
冬苺<バラ科>

山地に生える常緑小低木。茎はつる状に地面を這ってのびる
初冬に実が熟すのでこの名がある。実は食べられる
花期9~10月 葉のつけ根に直径2cmほどの白い花を数個つける

12月18日、師走なので家事仕事はいろいろあるが・・・
空は青空、半日でも森林浴で美味しい空気を味わいたいと小牧市の兒(ちご)の森を散策
ここはいろいろな小道があり一時間半もあれば一周できる。高いところで標高278m.
冬枯れの山では緑の葉と赤い実がきれい

フユイチゴ

huyuitigo12181.jpg


huyuitigo12182.jpg


hatena12181.jpg


オオイヌノフグリ

ooinunohuguri12181.jpg


ささゆりの小道


sasayurikomiti12181.jpg


kouyou12182.jpg


スポンサーサイト
三四五(みよい)の大モミジ
100年以上の昔、トンネル工事の時、邪魔になったモミジの大木を切り倒した
その後その切り株から3本の新芽が芽吹き、県下最大の大モミジと育っていきました
観る角度によって3本とも4本とも5本ともみえる
樹高18m. 樹冠の幅26m. 樹齢98~110年

愛岐トンネル群の秋の特別公開が12月4日で終了とテレビで放映されていた
4日、思い立ち出かけた。お天気もよく多勢のお仲間がつめかけていた
開通当時のまま残された赤レンガトンネルと紅葉がおりなす自然はすばらしかった
6号トンネルの手前から健脚コースへ下り、往復2時間ほどの散策を楽しんだ

みよいの大モミジ

miyoinomomizi12042.jpg


miyoinomomizi12041.jpg


miyoinomomizi12043.jpg


3号トンネル

3goutonneru11041.jpg


竹林

takebayasi12041.jpg


手作り水車と散策路

suisyatotaki12041.jpg


4goutonneru12041.jpg


動くSL動輪


sldourin12041.jpg


クサギ


kusagi12041.jpg