2015.10.15 フジアザミ
富士薊<キク科>

山地~亜高山の砂礫地やガレ場などに生える多年草
日本のアザミの仲間でもっとも大きな花が咲く
花期8~10月 高さ1m.ほどになる
富士山周辺に多いことからこの名がある

12日、南アルプス甲斐駒ケ岳、仙丈岳の登山拠点である北沢峠(標高2032m.)を訪れました
南アルプス林道バスに乗り大平山荘で下車、それより登山道をのぼり、北沢峠周辺を散策した
連休でもありキャンプ場には沢山のテントが張られていた
偶然、田中陽希さん(グレートトラバースで有名)の泊まられたこもれび山荘でお昼を頂いた
お奨めのスープカレーは早々と売り切れになっていました

フジアザミ

huziazami10122.jpg


huziazami10121.jpg

タカネビランジ

takanebiranzi10121.jpg


ヤマホタルブクロ

yamahotarubukuro10121.jpg


ホソバノヤマハハコ?

hosobanoyamahahako10122.jpg

出発点の太平山荘(もうストーブが炊かれていました)

oohirasannsou10211_20151015234213224.jpg


山並み

yamanami10121.jpg


長衛小屋(南アルプス開拓者の父といわれた竹澤長衛さんの元小屋)

tyoueigoya10121.jpg


キャンプ場

tento10122.jpg


miharasidaihasi10121.jpg


北岳

kitadake10121.jpg


帰りのバスの車窓からの山並み

yamanami10125.jpg


yamanami10127.jpg


スポンサーサイト
大文字草<ユキノシタ科> 花ことば「自由」 「好意」 「甘え上手」

5個の花弁のうち下側の2個が長く、花は大の字形になる
低山から高山までの湿った岩の割れ目などに生える多年草
花期7~10月 高さ10~30cm

4日、ダイモンジソウが咲き始めたとの情報で、瀬戸の岩屋堂を訪れた
いつものように岩の上に凛々しく咲き誇っていたダイモンジソウ
咲きはじめなので赤いシベが愛らしい
沢から流れる涼風が心地よかった

ダイモンジソウ

daimonzisou10041.jpg


daimonzisou10042.jpg


daimonzisou10043.jpg


daimonzisou10044.jpg


daimonzisou10045.jpg


daimonzisou10046.jpg


daimonzisou10047.jpg


daimonzisou10048.jpg


アケボノソウ

akebonosou10043.jpg


イモカタバミ

imokatabami10-041.jpg


瀬戸大滝

setoootaki10041.jpg