2015.02.16 アセビ
馬酔木<スズラン科> 花ことば「純真」

山地の乾燥したところに生える常緑低木
高さ1,5~4m. 花期3~4月
花は壺形で6~7ミリ 有毒植物で馬が食べると酔ったようになるとか

野草の花の咲かない冬期の休日は森を2時間ほど歩くように心がけている
15日は久しぶりの海上の森を散策した
アセビの花が咲き始めていた。

アセビ

asebi02151.jpg


スズカカンアオイ

suzukakanaoi02151.jpg


ヤマウグイスカグラ

yamauguisukagura02151.jpg


オオカメノキの冬芽

ookamenoki02151.jpg


シダの道

sidanomiti02151.jpg


枯葉の道

karehanomiti02151.jpg


ハテナ

hatena02151.jpg


スポンサーサイト
2015.02.13 フクジュソウ
福寿草<キンポウゲ科> 花ことば「永久の幸福」 「幸せを招く」
旧暦の正月に黄金色の花が咲くのでめでたい名ができた
落葉樹林の下などに生える多年草 花期2~5月
北国に多く、雪解けと共に芽を出して3cmほどの花を咲かせる
花が終わる頃から、細かく切れ込んだ葉がのびてくる

11日、名古屋の最高峰の山、東谷山(標高198m.)を散策した
散策路がきれいに整備されていて30分ほどで頂上へ
もちろん帰りは山麓の東谷山フルーツパークを訪れた
マンサク・シナマンサク・ロウバイが満開でした

フクジュソウ

hukuzyusou02111.jpg


hukuzyusou02113.jpg


マンサク

mansaku02112_2015021310540335e.jpg


mansaku02113.jpg


ベニバナマンサク

benibanamansaku02111_20150213105402d54.jpg


benibanamansaku02112.jpg


ロウバイ

sosinroubai02113.jpg


sosinroubai02112.jpg


菜の花

nanohana02111.jpg


散策路

sansakuro02112.jpg


尾張戸神社

owaridozinzya02111.jpg








四国梅花黄連<キンポウゲ科>
白い花弁のように見えるのは萼片で花弁は中心部に見える黄色の部分
バイカオウレンの変種
花弁の舷部がコップ状でである。花柱は強く反曲する
花期2~5月 草丈5~15cm

梅の花の開花が聞かれるようになった
梅の花とは違うが、瀬戸の寺に毎年咲くシコクバイカオウレンが咲いたと聞き
午前中の空き時間に急いで訪れた
愛らしい花が春の訪れを運んでくれた           2015・02・03

シコクバイカオウレン

baikaouren02033.jpg


baikaouren02032.jpg


baikaouren02031.jpg


baikaouren02034.jpg


baikaouren02035.jpg


セリバオウレン

seribaouren02036.jpg


seribaouren02033.jpg


seribaouren02035.jpg


seribaouren02031.jpg