2014.01.20 ヘビノボラズ
蛇登らず<メギ科> 花ことば「気難かしさ}

湿地や林縁に自生する落葉小低木
花期 4~5月 高さ50~80cm
枝に葉が変化した棘があり蛇でさえ登れないことから付いた名
黄色い6弁の花が数りん垂れ下がって付く


19日、日ごろの運動不足解消に春日井のみろくの森を散策
少年自然の家から築水池を半周、西高森山(標高215m.)を登った
今は花がないので私としては寂しい限りであるが森林浴は気持ちが良い

ヘビノボラズの実

hebinoborazu01194.jpg


hebinoborazu01192.jpg


サルトリイバラ

akaimi01192.jpg


スイカズラ

kuroimi01191.jpg


クチナシの実

kutinasi01191.jpg


コナアカミゴケ

akamigoke01191.jpg


築水池は堤防の補強工事をしていた

hokyoukuzi01191.jpg


西高森山の小屋からの眺め

huukei01191.jpg


スポンサーサイト
2014.01.14 フユイチゴ
冬苺<バラ科> 花ことば「未来の予感」「真心の愛」

山地に生える常緑小低木。
茎はつる状に地面をはってのび、褐色の曲がった毛が密生する。棘はない
花期9~10月 葉のつけ根に直径2㌢ほどの白い花を数個つける
初冬に赤い実が熟すのでこの名がある

13日、小牧に在る「児(ちご)の森」を散策した
この森は歩きやすくて森林浴には最適である
マラソンの練習の人が数人走っていた
フユイチゴが群生していた
白山は標高277m.である。
お天気がよければ、御嶽山・中央アルプス・恵那山が眺望できる

フユイチゴ


huyuitigo01136.jpg



huyuitigo01133.jpg


huyuitigo01134.jpg


ツルリンドウの実

tururindou01131.jpg


yabukouzi01131.jpg


ソヨゴ

soyogo01131.jpg


こんな道を歩きます

miti01132.jpg


木の階段は高さが低く歩きやすいです

miti01131.jpg


入鹿池、明治村が見えます

irukaike01131.jpg


案内図

annaizu01131.jpg




芹葉黄連<キンポウゲ科> 花ことば「揺れる心」

山地の林内に生える小形の多年草
高さ10cmほど 花期3~5月
オウレンと同様、薬用に利用される
葉は2回3出複葉で小葉はセリの葉のように細かく切れ込んでいる

今日は瀬戸のはずれに在る金峯神社に初詣に出かけました
名前にちなみ今年は金運訪れますようにと願いました
ここはいつも野草の初花(セリバオウレン)を撮影しに訪れる場所です
暗い枯葉の間から小さな可憐な花が顔を出していました
「今年もよろしく」とあいさつしました

セリバオウレン

seribaouren01054.jpg


seribaouren01051.jpg


seriba01055.jpg


金峯神社

zinzya01051.jpg



2014.01.01 謹賀新年
あけましておめでとうございます
今年も時間を見つけて花散策に出かけたいと思っています
どうぞよろしく

ハルリンドウ

harurindou26nenga.jpg