2013.04.30 クマガイソウ
熊谷草<ラン科> 花ことば「みかけだおし」

山野の竹林や杉林の下に生える多年草
源平の合戦で平敦盛を討った熊谷直美の名をとっている
花期4~5月 高さ20~40cmになる
葉は大きく扇形で縦じわが目立ち、2個が対生状に付く
rain130414.jpg
29日、クマガイソウの季節だ。いつもこの花に会いに豊田市の「えびねの森」を訪れる
木漏れ日の中、一斉に同じ方向を向いてふっくらした顔をみせてくれた
ここではほかにもいろいろな野草の花が出迎えてくれ楽しませてくれます

クマガイソウ

kumagaisou04296.jpg


kumagaisou0429.jpg


kumagaisou04292.jpg


kumagaisou04295.jpg


ハナイカダ

hanaikada0429.jpg


hanaikada04291.jpg


ユキモチソウ

isimotisou0429.jpg


ムサシアブミ

musasiabumi0429.jpg


ナベワリ

nabewari0429.jpg


コンロンソウ

konronsou0429.jpg


フタバアオイ

hutabaaoi0429.jpg


ヤグルマソウ

yagurumasou0429.jpg


イカリソウ
ikarisou0429.jpg


カヤラン

kayaran04291.jpg


ブルークローバー

buru-kuro-ba.jpg


ハラン

haran0429.jpg


ヒメシャガ

himesyaga0429.jpg


アケビ

akebi0429.jpg

スポンサーサイト
2013.04.29 チゴユリ
稚児百合<ユリ科> 花ことば「恥ずかしがりや」「純潔」

小さな可愛らしい花が咲くというのでこの名がついた
山林の林の下にふつうに見られる多年草
花期 4~5月 高さ15~30cmになる
茎の先に白い花が下向きに1個つくが、2~3個のものもある
果実は直径1cmほどで黒く熟す
rain130414.jpg
28日のつづきです
行きは現地で出会った人に急な坂でしたが近道を教えてもらいました
目的の花にも出会えたし帰りはゆるやかな遊歩道をゆったり帰ろう・・・と
そしたらまた違った花にいろいろ出会うことが出来ました

チゴユリ

tigoyuri0428.jpg


tigoyuri04281.jpg


イカリソウ

ikarisou0428.jpg


ikarisou04281.jpg


アマドコロ

amadokoro0428.jpg


ミヤマオダマキ

miyamaodamaki04283.jpg


miyamaodamaki0428.jpg


タツナミソウ

tatunamisou0428.jpg


ヒメハギ

himehagi0428.jpg


ニガイチゴ

nigaitigo0428.jpg


?カンアオイ

kanaoi0428.jpg


タンポポとちょう

tyou0428.jpg


2013.04.29 イワカガミ
岩鏡<イワウメ科> 花ことば「忠実」

丸くて光沢のある葉を鏡に見立てな名前
山地~亜高山の樹林のなかや岩場などに生える常緑の多年草
花期4~7月、葉の間から高さ10cmほどの花茎をのばし淡紅色の花をつける
花弁のふちは細かく切れ込む
rain130414.jpg
28日、小牧市にある森に「イワカガミの小道」があると聞き訪れた
高さ270m.程の丘陵地、入り口より平坦な道を少し歩くと
「うぐいすの小道・どんぐりの小道・ヤマザクラの小道」と遊歩道が整備されていた
イワカガミの小道の先にはピンクや白のイワカガミの花が群生して咲いていた
とても歩きやすく心地よい場所でした

イワカガミ

iwakagami04287.jpg


iwakagami04281.jpg


iwakagami04284.jpg


iwakagami04286.jpg


iwakagami04289.jpg


iwakagami04288.jpg


スミレ

sumire0428.jpg


アオダモ

aodamo0428.jpg


レンゲツツジ

rengetutuzi0428.jpg


次へ続く
2013.04.17 イチリンソウ
一輪草<キンポウゲ科> 花ことば「追憶」「久遠の美」

山野に生える多年草
一本の茎に花を一個つける。花は直径4cmほど
花期4~5月 高さ10~30cm
ニリンソウとは葉に柄があることや小葉が細かく切れ込むことで見分けられる
rain130414.jpg
14日、郡上市大和の続きです
田や川の土手、山裾に咲く花のほかにレストラン裏の庭の花も入っています

イチリンソウ

itirinsou0414.jpg


ニリンソウ

nirinsou04142.jpg


ヒメウズ

hmeuzu0414.jpg


ミツバツチグリ

mitubatutiguri04142.jpg


キランソウ

kiransou04142.jpg


チャルメルソウ

tyarumerusou04142.jpg


エンコウソウ

enkousou0414.jpg


enkousou04142.jpg


ウラシマソウ

urasimasou0414.jpg


ヤブレガサ

yaburegasa0414.jpg


さくらが見ごろでした

kesiki0414.jpg
黄花の甘菜<ユリ科> 花ことば「運が向いてくる」

山裾の林の下や草地に生える多年草
花期4~5月 高さ15~25cm 
花は晴天の日だけ開く。直径2~3cmの鮮やかな黄色の花が4~10個つく
花柄は長さが不ぞろいで、基部に葉状の長い苞がある
rain1304.jpg
14日の郡上市大和の続きです
キバナノアマナは昨年訪れた時には会えなかったが今年は3株見つけられた
花は気候によってそれぞれ咲く時期に変化があり喜んだり、がっかりしたり

キバナノアマナ

kibananoamana04142.jpg


kibananoamana04143.jpg


アマナ

amana04142.jpg


amana04143.jpg


カタクリ

katakuri0414.jpg


ミヤマキケマン

miyamakikeman0414.jpg


エンレイソウ

enreisou0414.jpg


enreisou04142.jpg


ミヤマカタバミ

miyamakatabami04142.jpg


miyamakatabami0414.jpg


カテンソウ

katensou0414.jpg


スミレ(名前は解らない)

sumire0414.jpg


次へ続く
2013.04.17 ミノコバイモ
美濃小貝母<ユリ科>

山地の草地に生育する多年草
茎の先に5枚の葉をつけ下の2枚は対生
茎頂に斜め下向きに釣鐘形の花をつける。美濃産のコバイモ
高さ10~20cm 花期 3~4月
rain1304.jpg
14日、ひるが野の帰りに毎年訪れる郡上大和へミノコバイモの花に会いに寄り道した
ひっそりと下向きに咲く花は目立たないが落ち着いた色合いで心ひかれる花である
他にもキクザキイチゲ・ヤマエンゴサク・ヒダボタンなど多くの花に出会えた

ミノコバイモ

minokobaimo0414.jpg


minokobaimo04143.jpg


minokobaimo04144.jpg


キクザキイチゲ

kikuzakiitige0414.jpg


kikuzakiitige04142.jpg


kikuzakiitige04143.jpg


ヒダボタン

hidabotan04142.jpg


hidabotan04143.jpg


ヤマエンゴサク

yamaengosaku04143.jpg


yamaengosaku04142.jpg


yamaengosaku04144.jpg


次に続く
2013.04.15 ザゼンソウ
座禅草<サトイモ科> 花ことば「沈黙の愛」「ひっそりと待つ」

花の頃の姿が、色も形も達磨大使が座禅を組む姿にそっくり
湿地に生える多年草
花穂は暗紫褐色の仏炎苞にすっぽり包まれている
悪臭を放って虫を寄せ付けるので別名「スカンクキャベツ」ともいう
花期 3~5月
rain1304.jpg
春の訪れを告げる花「ザゼンソウ」に会いたくて14日、ひるがの高原を訪れた
ミズバショウはまだ少し早かったが、愛らしいザゼンソウに会うことが出来た
分水嶺公園では綺麗なバイカオウレンが咲いていた。今年初めての出会いだ

ザゼンソウ

zazensou04145.jpg


zazensou0414.jpg


zazensou04142.jpg


zazensou04143.jpg


ミズバショウ

mizubasyou0414.jpg



mizubasyou04142.jpg


オウレン


seribaouren04142.jpg


seribaouren0414.jpg


バイカオウレン

baikaouren0414.jpg


baikaouren04143.jpg


イワウチワ

iwautiwa04142.jpg


iwautiwa0414.jpg


ショウジョウバカマ

syouzyoubakama0414.jpg




2013.04.08 ミツガシワ
三槲<リンドウ科> 花ことば「私は表現する」

山地の湿原や沼、沢などに生える多年生の水草
花期5~8月 高さ30cmほどの花茎の先に直径1~1,5cmの白い花を総状につける
花の内側には白い縮れた毛が密生する
カシワのように大きな葉が3枚集まっているからその名がある
家紋の「三柏」に似ているところからきているとも。丸に三柏の家紋は山内一豊が用いた
rain1304.jpg
7日、お天気は荒模様なので外出は控えたほうがよいと放映されていた
雲の動きは早いがそれ程でもないので午後から春日井まで花散策に出かけた
ミツガシワの花と先日のキバナカタクリが咲いたとの情報で・・・
風が強いので写真を写すには不向きでしたが、お目当ての花に出会えにっこり

ミツガシワ

mitugasiwa0407.jpg


mitugasiwa04072.jpg


mitugasiwa04073.jpg


キイロカタクリ

kiirokatakuri0407.jpg


kiirokatakuri04072.jpg


キイロイカリソウ

ikarisou04072.jpg


イカリソウ

ikarisou04073.jpg


ikarisou04074.jpg


ミツバアケビ

mitubaakebi04072.jpg


ビックリグミ

bikkurigumi0407.jpg


ゲンペイシダレモモ

genpeiume0407.jpg


ヤマブキ

yamabuki04072.jpg


セイヨウシャクナゲ

seiyousyakunage04072.jpg


seiyousyakunage04073.jpg


kouen0407.jpg



2013.04.02 シュンラン
春蘭<ラン科> 花ことば「気品」「清純」

山野の落葉広葉樹林の中などに生える常緑の多年草
花期3~4月 高さ10~25cm
太い花茎の先に直径4~5cmの淡黄緑色の花が1個つく
木々の芽吹く前にほのかな香りのある花が咲く
別名ホクロ・じじばばの名前でも親しまれている
花姿をよく見ると上の方はおばあさんが頭にかぶる”ほっかむり”
下の方はおじいさんの”白ひげ”がある
rain1304.jpg
31日、コシノコバイモの散策後、海上の森のシュンランに会いたくなった
雨は止みそうに無かったが少し回り道をすれば森へ行ける
いつもの場所に雨にぬれたシュンランが気品高く咲いていた
ヤマウグイスカグラもたくさん紅い花をつけていた

シュンラン

syunran0331.jpg


syunran03312.jpg


syunran03313.jpg


オオカメノキ

ookamenoki0331.jpg


ookamenoki03312.jpg


ookamenoki03313.jpg


ヤマウグイスカグラ

yamauguisukagura0331.jpg


yamauguisukagura03314.jpg


yamauguisukagura03315.jpg
越の小貝母<ユリ科> 花ことば「母のやさしさ」「おはようの花」

茎の先に5枚の葉をつけ、上の葉は輪生、下の2枚の葉は対生する
茎頂に斜め下向きに釣鐘状の花を1つつけ、花弁は6枚に別れる
他の仲間との違いは花弁の縁にギザギザとした小突起がある
バイモと比べ全体が小さくコシノは北陸地方からあてコシノコバイモの名になった
花期 3~4月 高さ15~20cm
rain1302.jpg
今年は暖かいので私の好きなコシノコバイモがそろそろ咲いているのではないかと・・・・
31日、岐阜県の里山へ出かけた。お天気は良くなく名古屋を出発したときから雨が降り出した
行く前ネットで調べたら現地はお昼ごろまでくもりの予報。

例年だとカタクリが一面咲いている林なのだが、早いのでまだつぼみ状態
かわりに白いシハイスミレがいっぱい咲いていた
奥ゆかしくひっそり咲いているコシノコバイモを数輪見つけることが出来、感激!
撮影が無事終了するころポロポロと雨が降り出した

コシノコバイモ

kosinokbaimo03313.jpg


kosinokobaimo03315.jpg

後ろ姿
kosinokobaimo03317.jpg


kosinokobaimo03312.jpg


シロバナシハイスミレ

sumire03313.jpg


石の隙間に咲くタチツボスミレ?

sumire03314.jpg


キケマン

kikeman0331.jpg


ヘビイチゴ

hebiitigo0331.jpg


hatena0331.jpg


サクラソウ?

sakurasou0331.jpg


ミズバショウ

mizubasyou0331.jpg


ヒメオドリコソウ

himeodorikosou0331.jpg


シキミ

sikimi0331.jpg


クロモジ

kuromozi03312.jpg


シデコブシ

sidekobusi0331.jpg


ツルシキミ

turusikimi03312.jpg