深山鶯神楽<スイカズラ科> 花ことば「未来を見つめる」「将来の夢」

山野に生える落葉低木。花や果実に腺毛が密生する
花期4~5月 高さ2m.程
葉の付け根から淡紅色の花が1~2個ずつ垂れ下がってつく
rain1302.jpg
24日、「少年自然の家」を散策した後、隣のグリンピアを訪問
ここでも予想外のたくさんの花を咲かせたミヤマウグイスカグラに出会えた
目的はキイロカタクリの花が咲いていないかと訪れたのだがまだ蕾だった
思わぬ場所でハルリンドウを見つけにっこり

ミヤマウグイスカグラ

miyamauguisu0324.jpg


miyamauguisu03244.jpg


miyamauguisu03245.jpg


miyamauguisu03242.jpg


miyamauguisu03243.jpg


ハルリンドウ

harurindou0324.jpg


harurindou03242.jpg


オオミスミソウ

oomisumisou03242.jpg


oomisumisou03243.jpg


カタクリ

katakuri0324.jpg


キイロカタクリはまだつぼみ

kiirokatakuri03242.jpg


アケボノアセビ

akebonoasebi0324.jpg


ume0324.jpg
スポンサーサイト
2013.03.25 イワナシ
岩梨<ツツジ科> 花ことば「恋のうわさ」

山地に生える常緑小低木。よく枝分かれして横にはう
果実は甘く、ナシの果肉に似ているのでこの名がある
葉はやや厚く、網状の脈が目立つ。花期4~5月 高さ10~25cmになる
rain1302.jpg
先日蕾だったイワナシ。メル友から「花が咲いたよ」と知らせを頂いた
24日午後、曇り空を予想していたのだが現地(愛知県少年自然の家)は良い天気
春休みなので子供連れの家族がにぎやかに楽しんでいた

近日の暖かさで予想していなかったシデコブシの花がもう見事に咲いていた。
愛らしいイワナシにも出会えた。ラッキー!

イワナシ

iwanasi03242.jpg


iwanasi03244.jpg


iwanasi03245.jpg


iwanasi0324.jpg


シデコブシ

sidekobusi03246.jpg


sidekobusi03245.jpg


sidekobusi03244.jpg


sidekobusi0324.jpg


マキノスミレ

makinosumire03242.jpg


名前の解らない色鮮やかなスミレ 

sumire0324.jpg


ショウジョウバカマ

syouzyoubakama0324.jpg


syouzyoubakama03242.jpg


ユキヤナギ

kogomezakura0324.jpg


?カンアオイ

kanaoi0324.jpg


野草園のキクザキイチゲ

kikuzakiitige0324.jpg


野草園のミズバショウ

mizubasyou0324.jpg






2013.03.22 カタクリ
片栗<ユリ科> 花ことば「初恋」「嫉妬」

北国に春を告げる花として親しまれている
山野のやや湿ったところに群生する多年草
花期 3~5月 高さ10~20cm
葉は地表にふつう2個展開し、花は紅紫または淡紅色の花を一個つける
花は下向きにつき、開くとすぐに花弁がクルリとそり返る

rain1302.jpg


20日、香嵐渓へカタクリの花の散策に出かけた
駐車場の人が、昨日は晴天で花がきれいに咲いたよ・・と今日は曇り空
このところの暖かさで花はもう7~8分咲き。昨年より早い
沢山の可憐な花達に出会えて幸せいっぱい。白花にも数輪出会えた

カタクリ

katakuri03205.jpg


katakuri03202.jpg


katakuri03209.jpg


katakuri0320.jpg

白花のカタクリ

katakurisiro03202.jpg


katakuri03206.jpg


katakuri032010.jpg


太子堂

katakuri03207.jpg


キクザキイチゲ

kikuzakiitige03202.jpg


kikuzakiitge0320.jpg


ニリンソウ

nirinsou03202.jpg


nirinsou03203.jpg


ヤマルリソウ

yamarurisou0320.jpg


ミツマタ

mitumata0320.jpg

2013.03.18 マキノスミレ
牧野菫<スミレ科> 花ことば「初恋」

シハイスミレの変種でシハイスミレは西日本、マキノスミレは東日本に分布する
葉は光沢がありシハイスミレより細長く、葉の出始めは垂直に立つ
山地の尾根筋などやや乾いたところに多い。葉の裏側は紫色
花期 3~5月 草丈5~10cm

rain1302.jpg

17日 春日井の築水池を一周する。ここは地域の人たちのウオーキングコースでもある
ぽかぽかと暖かい春の陽ざしに誘われ色鮮やかなブルーのハルリンドウが咲き始めていた

その後「春日井少年の家」を散策。ショウジョウバカマ・マキノスミレが姿を見せてくれた
今日の目的はここで咲くイワナシに会いたくて・・・でもまだ蕾がふっくらした程度 残念

マキノスミレ

makinosumire03172.jpg


makinosumire0317.jpg


ショウジョウバカマ

syouzyoubakama03172.jpg


syouzyoubakama0317.jpg


ハルリンドウ

harurindou03174.jpg


harurindou03173.jpg


harurindou0317.jpg


コナアカミゴケ

konaakamigoke03172.jpg


アセビ

asebi03172.jpg


ヒサカキ

hisakaki0317.jpg


マンサク

mansaku03172.jpg


まだつぼみのイワナシ

iwanasi02172.jpg
山猫の目草<ユキノシタ科> 花ことば「変化」

山野の湿ったところに生える多年草
高さ10cm~20cm 花期3~4月
ネコノメソウに似ているが走出枝は出さない。葉は長い枝がある
花は直径4~5ミリ。萼片ははじめ黄緑色で花が終わると緑色になる

rain1302.jpg


10日、私の大好きなセツブンソウに会いに伊吹野へ
最近の暖かさで花は見ごろだろうと心ワクワク期待して出かけた
高速「関が原」を出て少し走った頃雨が降り出し、現地に到着した時は吹き降り
傘をさして撮影をしたが設定を間違え、気づいた後の写真はわずかでした

その後いなべ町聖宝寺へ寄り道した
ここでは雨は止んでいたが突風のような強い風で今日の恵まれないお天気にがっくり

ヤマネコノメソウ

yamanekonomesou03102.jpg


yamanekonomesou03103.jpg


カテンソウ

katensou0310.jpg


フクジュソウ

hukuzyusou0310.jpg


オニシバリ

onisibari0310.jpg


セツブンソウ

setubunsou03102.jpg


setubunsou0310.jpg


setubunsou03194.jpg


setubunsou03105.jpg


セントウソウ

sentousou0310.jpg