大文字草(ユキノシタ科)花ことば「自由」「不調和」


山地の沢沿いや湿った岩場に生える多年草
花期は7~10月 草丈10~40cm
花弁の下の2枚が大きく「大」の字に見えることから


24日の続きです。茅野市にある山野草園を訪れました
ここでこの時期にダイモンジソウ会えるとは驚きでした


ダイモンジソウ

daimonzisou.jpg


daimonzisou2.jpg


ミゾホオズキ

mizohoozuki.jpg


サワギク

sawagiku.jpg


フタリシズカ

hutarisizuka3.jpg


ユキノシタ

yukinosita.jpg


ヤナギラン

yanagiran.jpg


yanagiran2.jpg
スポンサーサイト
日光黄菅<ユリ科> 花ことば「日々あらたに」「心安らぐ人」


岩場などに生える多年草。高原ではしばしば大群落をつくる。
花は朝開いて、夕方にはしぼんでしまう一日花。高さ60~80cm 花期は7~8月


24日 今日も梅雨の晴れ間のよう どこかへでかけよう
そうだ7月にグループで出かける八ヶ岳方面の下見に行こうとなった
予定していた場所は知られた観光地ではないので車道が整備されていなかった
雨のせいか道が崩れ目的の山荘までいけそうになく、途中で引き返した

いつも訪れるペンションの近くの八ヶ岳文化園なら何か花が咲いているだろうと訪れた


ニッコウキスゲ

nikkoukisuge.jpg


nikkoukisuge4.jpg


ヤマオダマキ

yamaodamaki3.jpg


yamaodamaki2.jpg


クリンソウ


kurinsou.jpg


kurinsou3.jpg


コバイケイソウ

baikeisou.jpg


アヤメ

ayame2.jpg


カンボク

azisai3.jpg


まるやち湖


maruyatiko.jpg


2012.06.18 トキソウ
朱鷺草<ラン科> 花ことば「ひかえめ」


花の色を鳥のトキにたとえたものといわれる
日当たりの良い湿地に生える多年草。高さ10~30cm 花期6~7月
茎の先に淡紅紫色の花を横向きに1個つける


17日、梅雨の晴れ間、午後から青空が見えてきた
近場なら花散策が出来ると春日井の湿地まで様子をみに出かけた
きれいないろいろな花姿のトキソウが咲きそろっていた

トキソウ

tokisou2.jpg


tokisou5.jpg


tokisou6.jpg


tokisou7.jpg


コバノトンボソウ

kobanotonbosou.jpg


kobanotonbo2.jpg


カキラン

kakiran6.jpg


kakiran5.jpg


kakiran4.jpg


ネジバナ

nezibana.jpg


ムラサキシキブ

murasakisikibu5.jpg


ウスノキ

usunoki.jpg


2012.06.13 タケシマラン
竹縞蘭<ユリ科> 花ことば「変わらぬ愛」


山地から亜高山にかけての林の中に生える多年草
高さは20~50cm 葉は互生し、長さ5~10cm
6~8月葉の付け根にやや赤みがかった花を1個ずつつける


10日、訪れた天生県立自然公園のつづきです(3)
今回は小さな花を集めみました
こんな愛らしき花達が春を待ちわびて咲き誇る姿を見ると心がわくわくします


タケシマラン

takesimaran.jpg


takesimaran2.jpg


takesimaran3.jpg


ミドリユキザサ

midoriyukizasa.jpg


マイズルソウ

maizurusou.jpg


ヒメイチゲ

himeitige.jpg


コチャルメソウ

kotyarumerusou2.jpg


kotyarumerusou3.jpg


ミツバオウレン

mitubaouren2.jpg


ズダヤクシュ

zudayakusyu.jpg


ノウゴウイチゴ

nougouitigo.jpg


コミヤマカタバミ

komiyamakatabami2.jpg




2012.06.13 キヌガサソウ
衣笠草<ユリ科> 花ことば 不明


大きな葉が8~10個輪生する様子を衣笠(古代、皇族や公卿の行列にさしかけた絹張りの傘)に
たとえたものという
日本海側の亜高山の湿ったところに生える多年草
花期 6~8月 高さは30~80cm
葉の間からのびた花柄の先に直径6cmほどの白い花を1個つける


10日の天生県立自然公園の続きです(2)
ここで会いたかったもう一つ花です
思っていたより花数が少なく花びらも雨のため湿っていた

キヌガサソウ

kinugasasou3.jpg


kinugasasou4.jpg


kinugasasou2.jpg


ツバメオモト

tubameomoto.jpg


tubameomoto2.jpg


フッキソウ

hukkisou.jpg


イワナシ

iwanasi.jpg


リュウキンカ

ryuukinka2.jpg


ハウチワカエデ

hautiwakaede2.jpg


オオカメノキ

ookamenoki.jpg


コヨウラクツツジ

koyourakututuzi.jpg


ムラサキヤシオ

murasakiyasio.jpg








2012.06.12 サンカヨウ
山荷葉<メギ科> 花ことば「幸せ」「清楚な人」


山地~亜高山の林の中などに生える多年草
「荷葉」とはハスの葉のこと。葉のつき方がハスに似ていて、平地のハスに対して山のハスということで山荷葉という。
花期 5月中旬~7月 草丈30~70cm 茎の先に2cmほどの白い花を数個つける
葉は2個つき、下の葉は長い柄があり上の葉は下のはより小さく、柄はほとんど無い
実は濃い青紫色で食べられる



10日、ブナの原生林やカツラの大木が生い茂る森。その豊かな大自然の中に咲き乱れる高山植物
私の大好きな天生県立自然公園を訪れた
天気予報は今回もいまいち。でも待っている花達に会いたくて訪れました
現地は霧雨が降っている。雨はそれ程気にならないが登山道が雨でどろどろ
滑りそうなぬるぬるした道を歩くことに一苦労した
それにブヨに噛まれて(それなりの用意をしなかった私の不注意)後が大変でした


サンカヨウ(花びらが雨にぬれてガラス細工のよう)

sankayou.jpg

sankayou2.jpg

sankayou3.jpg

ニリンソウ

nirinsou.jpg

後姿のニリンソウ

nirinsou2.jpg

ミドリニリンソウ

midorinirin2.jpg


midorinirinn3.jpg


クルマバツクバネソウ

kurumabatukubane.jpg


kurumabatukubane2.jpg


ツクバネソウ

tukubanesou.jpg


エンレイソウ

enreisou.jpg


enreisou2.jpg


まだつぼみのルイヨウボタン

ruiyoubotan2.jpg








2012.06.04 タイサンボク
泰山木(モクレン科) 花ことば「前途洋々」「壮麗」「自然の愛情」


北アメリカ原産の常緑高木。日本には明治初期に入り、庭や公園などに植えられている
5~6月、直径10~15cmの白い大きな花を開く。花には強い芳香がある


3日、新緑の季節なので遠出をしたかったのですが天気予報はあまり芳しくないようなので
近場の愛知県緑化センターを訪れた

タイサンボク

taisanboku.jpg


キソケイ

kisokei.jpg


ナギ

nagi.jpg


トベラ

tobera.jpg


ヤマボウシ

yanabousi2.jpg


シナサワグルミ

sinasawagurumi2.jpg


ムラサキシキブ

murasakisikibu.jpg


イタチハギ

itatihagi.jpg