小敦盛草<ラン科>
葉は茎の先に2枚だけが対生し、幅2~5㎝で無柄。高さ⒑cm程
葉の間から細い花柄を伸ばし、葉に隠れるように垂れ下がって花がつく。線形の苞が1本ある


今日(27日)は茅ヶ崎の友人が夕方来訪するので出かけるのを迷ったが
野草ランの貴公子といわれるコアツモリソウに会いたくて・・・・
設楽の山中を歩き一輪だけ見つけることが出来たがまだ開いていなかった
花は1cmほどと小さくまた下向きに咲くのでとても写真が撮りにくい
でも凛とした姿は貴公子そのもの

コアツモリソウ

koatumorisou7.jpg


アッシー君が撮ったコアツモリソウ

koatumorisou.jpg


キンラン(アッシー君撮影)

kinran.jpg


ササバギンラン

sasabaginran.jpg


タチシオデ

tatisiode.jpg


フタリシズカ

hutarisizuka.jpg


スポンサーサイト
鐘馗空木(スイカズラ科)花ことば「品格」「思い出」


遠くから見た感じはツクバネウツギと似ているが、羽根のような萼は発達しておらず
その代わりに萼の下に沢山の毛が生えている
鐘馗とは魔を除きえき病の悪神を追い払うという神


20日に訪れた東山植物園の続きです
空木にはいろいろありますが今回は5つの空木と出会えました


ショウキウツギ

syoukiutugi.jpg


ガクウツギ

gakuutugi.jpg


ヒメウツギ

himeutugi.jpg


オオベニウツギ

oobeniutugi.jpg


サラサウツギ

sarasautugi.jpg


チュウゴクガマズミ

tyygokugamazumi.jpg


トキワサンザシ

tokiwasannzasi.jpg


シャリンバイ

syarinbai.jpg
唐種招霊 小賀玉とも書く <モクレン科> 花ことば「甘い誘惑」


中国原産で江戸時代に渡来した常緑小高木。暖かい地方の神社の境内や庭木などで植えられている。
樹高は3~5m。花期は5~6月頃で、バナナのような強い甘い香りがある。


花散策日和だけれどアッシー君がお出かけで遠出は出来ない
そうだ東山植物園へ行ってみよう。久しぶりの来園です(5月20日)
若いカップル、家族連れ、シニアグループと賑やかでした


カラタネオガタマ

karataneogatama.jpg


センダン

sendan2.jpg


キリ

kiri.jpg


カルミア(蕾が金平糖のようで愛らしい)園芸品

karumia.jpg


シナトチノキ

sinatotinoki.jpg


イイギリ

iigiri.jpg


コデマリ

kodemari.jpg


次へ続く




2012.05.06 ヒトツバタゴ
一つ葉たご(モクセイ科)別名ナンジャモンジャ 花ことば「清廉」

白い花がむらがってつき、最盛期は雪をかぶったように見える
最近は街の街路樹でよく見かける


ゴールデンウィーク最後の6日、お天気がいまいちなので近くの名城公園を散策
やはり途中から雨がぱらぱら降ってきた

ヒトツバタゴ

nanzyamonzya2.jpg


nanzyamonnzya.jpg


nanzyamonzya3.jpg


ハンカチノキ

hankatinoki.jpg


オオヤマレンゲ

ooyamarenge3.jpg


ooyamarenge2.jpg


ベニバナトキワマンサク

benibanatokiwamansaku.jpg


ハナミズキ(もう散ってしまったので4月25日撮影分)

hanamizuki3.jpg


hanamizuki2.jpg


2012.05.05 ヒメコウホネ
姫河骨(スイレン科) コウホネの花ことば「崇高」


浅い池や沼に太い地下茎を発達させて生育します
名前は地下茎が白骨のように見えることから河骨(コウホネ)となった


岐阜の用事が早めに終わり、そうだこの近くの「達目洞」のコウホネがそろそろ咲くのではと
訪れてみました。愛らしい黄色の花が1輪、水面から顔を出していました


ここは昔ながらの里山の自然を残した貴重な動植物の宝庫です
ヒメコウホネは葉が小型で丸い「東海型」と葉がやや大型で卵型の「西日本」があるが
ここは「東海型」です 花期は4月~10月


ヒメコウホネ

himekuhone.jpg


himekouhone3.jpg


ミズタガラシ

mizutagarasi.jpg


オヘビイチゴ

ohebiitigo.jpg


hatena10.jpg


キュウリグサ

kyuurigusa.jpg


タチイヌフグリ

tatiinunohuguri.jpg


ツクバネウツギ

tukubaneutugi.jpg


オオカワトンボ

ookawatonbo.jpg




黄花片栗(ユリ科) 花ことば「日陰の恋」

アメリカカタクリとも呼ばれ北米の山地で自生する花。日本カタクリよりも背丈が大きい


4月30日 蓼科山の聖光寺の300本のソメイヨシノの花見物に出かけたが
まだ3,4輪の花しか咲いていなくてがっかり。お参りだけ済ませて次の場所へ


キバナカタクリが咲いているという情報で、八ヶ岳山野草園へ向かった
ここは6千坪の山林に30万株の山野草が植えられている
九十九折に整備された遊歩道を30分ほど歩くとそれぞれの季節の花を観察することが出来る


キバナカタクリ

kibanakatakuri2.jpg


kibanakatakuri3.jpg


kibanakatakuri4.jpg


キイロミズバショウ

mizubasyoukiiro.jpg


リュウキンカ

ryuukinka.jpg


シラネアオイ

siraneaoi.jpg


オオバナノエンレイソウ

sirobanaenreisou5.jpg


oobanaenreisou.jpg


ミスミソウ

misumisou.jpg



misumisou3.jpg



2012.05.02 イカリソウ
碇草(メギ科) 花ことば「人生の出発」「君を離さない」


主に太平洋側の山地に生える多年草
花には4個の花弁があり、その独特の花の形を船の碇に見立ててこの名が有る


美しの森のあと、サントリー白州蒸溜所を訪れた
普段見られない蒸溜所内を見学、後「白州」の試飲も楽しんだ。美味しかった
またトリスオリジナルのTシャツまで無料で頂けた。ラッキー!

静かなここの庭ではいろいろな花を見ることが出来た

イカリソウ

ikarisou6.jpg


ikarisou4.jpg


ikarisou3.jpg


ヒトリシズカ

hitorisizuka2.jpg


シュンラン

syunran11.jpg


ムラサキケマン

murasakikeman2.jpg


アケビ

akebi.jpg


ドウダンツツジ

doudantutuzi.jpg




2012.05.01 ミズバショウ
水芭蕉(サトイモ科) 花ことば 「美しい思い出」「変わらぬ美しさ」

湿地や水辺などに生える多年草。白い花びらのように見えるのは仏炎苞
葉は花が終わる頃のびはじめ1m.近くにもなる。この葉がバショウに似ているのでこの名が


4月の29日 山梨県北杜市にある美しの森から羽衣の池まで散策した
美しの森山は赤岳の東尾根の一部が孤立して出来た標高1542m.の小高い丘。展望台まで15分ほど
羽衣の池まで30分ほどで気持ちの良い森林浴が楽しめました

ミズバショウ

mizubasyou12.jpg


mizubasyou15.jpg


mizubasyou14.jpg


美しの森展望台
日本一美味しいソフトクリームと宣伝されていました

tenboudai.jpg



utukusinomori2.jpg



羽衣の池

hagoromonoike.jpg


ザゼンソウが咲いていました

zazensou.jpg


zazensou2.jpg


ペンションに行く途中こんな愛くるし景色に出会いました


koinobori.jpg