2012.03.26 ヤマルリソウ
ヤマルリソウ(ムラサキ科) 花言葉 私は考える


香嵐渓の続きです。雨はなんとか止みましたが空気が冷たい
今回のもう一つの目的の花、ヤマルリソウ 花期は4月~5月なのでやはりまだ早かった
花は直径1㌢程で咲きはじめは淡いピンク、やがて淡い青紫色に変わる


yamarurisou2.jpg


yamarurisou3.jpg


ショウジョウバカマ


syouzyoubakama.jpg


syouzyoubakama2.jpg


和紙の原料として栽培されるミツマタ

mitumata.jpg


mitumata2.jpg


私の初出会い、愛らしいタマゴケ


tamagoke.jpg


2個の萼の後がおへそのようなツルアリドオシ


turuaridoosi.jpg



スポンサーサイト
2012.03.26 カタクリ
カタクリ(ユリ科) 花言葉 初恋・嫉妬


そろそろ見ごろかしらと香嵐渓へ出かけた
新聞の天気予報では晴れだったのだが現地に到着したら雪がパラパラみぞれとなった
花は陽が当たらないと開かない。特徴のクルリと反り返った花びらには会えなかった(残念)

katakuri3.jpg


katakuri4.jpg


花はこんなにたくさん付いているのにつぼんでる

katakuri.jpg


マルバコンロンソウ

konronsou.jpg


スミレ

sumire.jpg


キランソウ

kiransou.jpg


カンアオイ

kanaoi.jpg


2012.03.21 節分草
セツブンソウ (キンポウゲ科) 花言葉・光輝・微笑み・拒絶


春の訪れを知らせてくれる花・私の大好きな花の一つでもある
透き通るような五弁の花びらのように見えるのは実は蕚片
花弁は黄色の蜜腺に変化、雄しべの葯は紫色で、白い萼片とのコントラストが美しい


久しぶりの野草散策で伊吹野にあるセツブンソウの自生地を訪れた
花は真っ盛り。たくさんの花の出迎えに至福のひと時を過ごした


setubunsou.jpg


setubun9.jpg


setubun11.jpg


setubunsou13.jpg


setubun10.jpg


八重の花を見っけ!

setubunsou14.jpg


ネコノメソウ

nekonomesou.jpg


カテンソウ

katensou.jpg








2012.03.18 梅の花
今日はセツブンソウの花散策に出かけようと予定していたがお天気がいまいちなので次回に


今年は遅れている梅の花、名城公園の梅の花もそろそろ見ごろなのではと訪れてみた


早春の花の象徴でもある梅(バラ科)はな言葉は高潔、上品
パッと咲いてパッと散ってしまう桜と違ってゆっくり咲いて楽しませてくれる

ウメ
曇り空でしたが花は見ごろでとてもきれい

ウメ2

ウメ3

ウメ4

ウメ5
クリスマスローズ(キンポウゲ科)
クリスマスの頃咲くのでこの名がある。花言葉は「いたわり」「追憶」


花の少ない冬から春にかけて咲き、花期は12月から3月と長い
手入れも楽でゆっくり楽しめます

花が小首を傾け、遠くから響いてくる何かを聞こうとしているようです


名城公園フラワープラザにて
クリスマスローズ1
クリスマスローズ2
クリスマスローズ3
クリスマスローズ4

2012.03.05 雪割草
ユキワリソウ(サクラソウ科)
雪の残っている頃雪を割るようにして咲き出すのが名前の由来とか


毎年開催される雪割草展が今年も名城フラワープラザで催されていた
丹精こめて育てられた愛好家のみごたな作品がたくさん出されていた
「きれいねえ~」「愛らしいわね」あちらこちらで声が聞こえた
山地の自然にさく花とは違いいろいろな種類の作品に賞賛する

ユキワリソウ1
ユキワリソウ2
ユキワリソウ3
ユキワリソウ4
ユキワリソウ5
ユキワリソウ6


2012.03.04 マンサク
今日の新聞の読者投稿に元気の秘訣のことばが載っていた
なるほど、私もこれから実践しようと書き留めてみた

か・き・く・け・こ
「か」感謝。「き」は興味。「く」は工夫。「け」は健康。「こ」は恋。



恋、道端の小さな花、野山に咲く野草の花。私はいつも花に心ときめいていたい

我が家の近く名城公園に咲いていたマンサク(マンサク科)
春一番に咲く花「まず咲く」がなまったともいわれる
黄色のややねじれたリボンのような花弁が愛らしい

マンサク1
マンサク2