奥紅葉白熊<キク科>

浅く掌状に切れ込んだ葉をモミジにたとえてこの名がある
山地の木陰に生える多年草
草丈 30~80cm 花期8~10月
ハグマとはヤクの尾の毛のことで、仏具の払子や槍・兜などの飾りにする
白い花がこれに似ているということ

秋風が爽やかな10月8日、シラヒゲソウの森を訪れたがちょっと遅かったかな・・・
オクモミジハグマ、いつも急な滑りやすい場所に咲き、注意をして撮影をするが
今年は反対側の山肌で一株見つけた。ラッキーでした
ハグマ類は目立たない花ですが会えば嬉しい。クルマバハグマはたくさん咲いていました

オクモミジハグマ

okumomizihaguma10082.jpg


okumomizihaguma10081.jpg


クルマバハグマ

kurumabahaguma10082.jpg


kurumabahaguma10081.jpg


シコクママコナ

sikokumamakona10081.jpg


キセルアザミ

kiseruazami10081.jpg


シラヒゲソウ

sirahigesou10081.jpg


sirahigesou10084.jpg


sirahigesou10082.jpg


ツルリンドウ

tururindou10081.jpg


tururindou10082.jpg



スポンサーサイト
2017.10.06 ウメバチソウ
梅鉢草<ユキノシタ科>

まるい花弁が5個ある花を梅鉢の紋に見立てた名前
山地の日当たりの良い湿った草地に生える多年草
花期8~10月 葉は2~4cmのハート形で花茎の葉1個
草丈10~50cm 先端に2~2、5cmの白い花を1個付ける

10月01日、蛇峠山(1664m.)を登った。馬の背(1456m.)まで車である
ここは登山道と車道とあり、整備された車道をゆっくり散策した
ウメバチソウ・ノコンギク・ゴマナ・マツムシソウなど沢山の花に出会えた

ウメバチソウ

umebatisou10032.jpg


umebatisou10031.jpg

アキノキリンソウ ?


akinokirinsou10031.jpg


アザミ

azami10031.jpg


ゴマナ

gomana10031.jpg


リンドウ

rindou10013.jpg


マツムシソウ

matumusisou10031.jpg


キバナノヤマオダマキ


kibananoyamaodamaki10031.jpg


ツリガネニンジン

turiganenizin10031.jpg


ホソバノツルリンドウ

hosobanotururindou10032.jpg


センブリ

senburi10031.jpg


ノコンギク

nokongiku10031.jpg


ヤクシソウ

yakusisou10031.jpg


ホコリタケ

hokoridake10031.jpg


tyouzyou10031.jpg
2017.08.29 ヒメトラノオ
姫虎の尾<ゴマノハグサ科>

山地の草原に生える多年草
高さ40~90cm 花期8~9月 
茎や葉にはまばらに短毛があり、葉は対生
青紫色の小さな花がびっしりと集まった長さ10~20cmの花穂をつける

27日、平谷村の高嶺山を訪れた
いつも通り長者峰まで車で、遊歩道を往復2時間ほどかけゆっくりと歩いた
今日は草刈の人が数人働いていて、行きに写せた花がすっかり無くなっていた

ヒメトラノオ

himetoranoo08272.jpg


himetoranoo08271.jpg


コオニユリ

kooniyuri08271.jpg


マツムシソウ

matumusisou08271.jpg


ナンバンハコベ

nanbanhakobe08271.jpg


ノギラン

nogiran08271.jpg


ニシキゴロモ

nisikigoromo08271.jpg


ネジバナ

nezibana08271.jpg


ハハコグサ

hahakogusa08271.jpg




hatena08271.jpg


ツルニンジン

turuninzin08271.jpg


ハンゴンソウ

hangonsou08271.jpg


ツリフネソウ これより長者峰を下る車道横にて

turihunesou08271.jpg


キツリフネ

kiturihune08271.jpg


フシグロセンノウ

husigurosennou08271.jpg


ゲンノショウコ 紅花

gennosyouko08271.jpg


ゲンノショウコ

gennosyouko08272.jpg




紅花一薬草<イチヤクソウ科>

山地~高山の樹木の樹林の中や草地に生える常緑の多年草
群生することが多く、花の色が華やかなので人目をひく
花期6月~7月 
花は直径1.5cmほど 雄しべは長く、上向きにまがる

6月29日、テレビで今年は白山開山1300年の年
郡上市の長滝白山神社が紹介されていた。歴史ある神社である
お参りのあと、ここまで来たのでひるがの高原へと花散策に出かけた
予想以上にいろいろな花に出会えました

ベニバナイチヤクソウ

benibanaitiyakusou06292.jpg


benibanaitiyaku06291.jpg


イチヤクソウ まだ蕾

itiyakusou06292.jpg


ギンリョウソウ

ginryouso06291.jpg


カキノハグサ

kakinohagusa06291.jpg


フタリシズカ

hutarisizuka06291.jpg


ダイモンジソウ

daimonzisou06291.jpg


シライトソウ

siraitosou06291.jpg


シソバタツナミソウ

sisobatatunami06292.jpg




hatena06292.jpg


キバナヤマオダマキ

kibanayamaodamaki06291.jpg


ササユリ

sasayuri06291.jpg


ミヤマヨメナ

miyamayomena06291.jpg


ドクダミ八重

dokudamiyae06291.jpg


ドクダミ八重 花の色が緑

dokudamiyae06292.jpg


ドクダミ カメレオン(栽培品種) 別の郡上市

dokudamikamereon06291.jpg







2017.06.19 カキラン
柿蘭<ラン科>

丘陵の沢沿いや湿地に生える。葉は縦の脈が目立つ
オレンジがかった黄色の花が咲くことからこの名ががある
花期6~7月 高さ30~70cm
長さ1cmほどの花が咲き、唇弁の内側には紅紫色の模様がある

梅雨の時期のはずがカラカラ天気
6月18日、春日井のいつもの池の湿地にカキランとトキソウが咲いているとの情報
湿地はやはり乾燥気味。花たちはいつもの綺麗な花姿を見せて咲いていました

カキラン

kakiran06147.jpg


kakiran06182.jpg


kakiran06184.jpg


kakiran06185.jpg


トキソウ

tokisou06181.jpg


tokisou06182.jpg


tokisou06183.jpg


tokisou06184.jpg


コバノトンボソウ

kobanotonbosou06181.jpg


ササユリ

sasayuri06181.jpg


hatena06181.jpg


ヒメシャラ  (以下緑化センターにて  6月14日)

himesyara06141.jpg


イワガラミ

iwagarami06141.jpg


タイサンボク

taisanboku06141.jpg