2017.08.29 ヒメトラノオ
姫虎の尾<ゴマノハグサ科>

山地の草原に生える多年草
高さ40~90cm 花期8~9月 
茎や葉にはまばらに短毛があり、葉は対生
青紫色の小さな花がびっしりと集まった長さ10~20cmの花穂をつける

27日、平谷村の高嶺山を訪れた
いつも通り長者峰まで車で、遊歩道を往復2時間ほどかけゆっくりと歩いた
今日は草刈の人が数人働いていて、行きに写せた花がすっかり無くなっていた

ヒメトラノオ

himetoranoo08272.jpg


himetoranoo08271.jpg


コオニユリ

kooniyuri08271.jpg


マツムシソウ

matumusisou08271.jpg


ナンバンハコベ

nanbanhakobe08271.jpg


ノギラン

nogiran08271.jpg


ニシキゴロモ

nisikigoromo08271.jpg


ネジバナ

nezibana08271.jpg


ハハコグサ

hahakogusa08271.jpg




hatena08271.jpg


ツルニンジン

turuninzin08271.jpg


ハンゴンソウ

hangonsou08271.jpg


ツリフネソウ これより長者峰を下る車道横にて

turihunesou08271.jpg


キツリフネ

kiturihune08271.jpg


フシグロセンノウ

husigurosennou08271.jpg


ゲンノショウコ 紅花

gennosyouko08271.jpg


ゲンノショウコ

gennosyouko08272.jpg




スポンサーサイト
紅花一薬草<イチヤクソウ科>

山地~高山の樹木の樹林の中や草地に生える常緑の多年草
群生することが多く、花の色が華やかなので人目をひく
花期6月~7月 
花は直径1.5cmほど 雄しべは長く、上向きにまがる

6月29日、テレビで今年は白山開山1300年の年
郡上市の長滝白山神社が紹介されていた。歴史ある神社である
お参りのあと、ここまで来たのでひるがの高原へと花散策に出かけた
予想以上にいろいろな花に出会えました

ベニバナイチヤクソウ

benibanaitiyakusou06292.jpg


benibanaitiyaku06291.jpg


イチヤクソウ まだ蕾

itiyakusou06292.jpg


ギンリョウソウ

ginryouso06291.jpg


カキノハグサ

kakinohagusa06291.jpg


フタリシズカ

hutarisizuka06291.jpg


ダイモンジソウ

daimonzisou06291.jpg


シライトソウ

siraitosou06291.jpg


シソバタツナミソウ

sisobatatunami06292.jpg




hatena06292.jpg


キバナヤマオダマキ

kibanayamaodamaki06291.jpg


ササユリ

sasayuri06291.jpg


ミヤマヨメナ

miyamayomena06291.jpg


ドクダミ八重

dokudamiyae06291.jpg


ドクダミ八重 花の色が緑

dokudamiyae06292.jpg


ドクダミ カメレオン(栽培品種) 別の郡上市

dokudamikamereon06291.jpg







2017.06.19 カキラン
柿蘭<ラン科>

丘陵の沢沿いや湿地に生える。葉は縦の脈が目立つ
オレンジがかった黄色の花が咲くことからこの名ががある
花期6~7月 高さ30~70cm
長さ1cmほどの花が咲き、唇弁の内側には紅紫色の模様がある

梅雨の時期のはずがカラカラ天気
6月18日、春日井のいつもの池の湿地にカキランとトキソウが咲いているとの情報
湿地はやはり乾燥気味。花たちはいつもの綺麗な花姿を見せて咲いていました

カキラン

kakiran06147.jpg


kakiran06182.jpg


kakiran06184.jpg


kakiran06185.jpg


トキソウ

tokisou06181.jpg


tokisou06182.jpg


tokisou06183.jpg


tokisou06184.jpg


コバノトンボソウ

kobanotonbosou06181.jpg


ササユリ

sasayuri06181.jpg


hatena06181.jpg


ヒメシャラ  (以下緑化センターにて  6月14日)

himesyara06141.jpg


イワガラミ

iwagarami06141.jpg


タイサンボク

taisanboku06141.jpg

2017.05.06 クマガイソウ
熊谷草<ラン科>

源平の合戦で平敦盛を討った熊谷直美の名をとっている
山野の樹林の下に生える多年草。扇形の大きな葉が特徴
花期4~5月 高さ20~40cm

4日、そろそろクマガイソウが咲いているかな・・?と設楽を訪れた
花の見ごろは年によって違いがあり、なかなか的中しないものです
自然歩道はGWなのに誰とも出会わなかった

クマガイソウ

kumagaisou05042.jpg


kumagaisou05041.jpg


kumagaisou05044.jpg


ホソバシャクナゲ

hosobasyakunage05041.jpg


hosobasyakunage05042.jpg


ジロボウエンゴサク

zirobouenngosaku05041.jpg


チゴユリ

tigoyuri05041.jpg


コアツモリソウ

koatumorisou05041.jpg


葉っぱが大きなスミレ?

sumire05041.jpg


hatena05042.jpg


hatena05043.jpg







東国鯖の尾<キンポウゲ科>

沢のそばなど湿ったところに生える多年草
果実が左右に開いてつき、鯖の尾のように見えるというのでこの名がついた
花期4~5月 高さ10~20cm 花は淡い黄緑色で直径6~8ミリ
花弁のように見えるのは萼片で、花弁は小さな黄色の蜜腺に変化している

29日、Fさんに教えていただいた豊田市の神社参道入り口に咲く花
「トゴクサバノオ」に会いに出かけた。実は前回道に迷ってしまい再度の来訪である
6ミリほどの愛らしい花を見つけたときは本当に嬉しかった
野草の花探しは宝探しのようで、私にとっては楽しいひとときです

トウゴクサバノオ

tougokusabanoo04291.jpg


tougokusabanoo04292.jpg


tougokusabanoo04294.jpg


tougoukusabanoo04295.jpg


ワチガイソウ

watigaisou04291.jpg


watigaisou04292.jpg


フタバアオイ

hutabaaoi04291.jpg


ムラサキケマン

murasaikeman04291.jpg


クサイチゴ ?

kusaitigo04291.jpg


こんなところで咲いています

igumasanndou04291.jpg