伊吹小米草<ハマウツボ科>

伊吹山と霊仙山の石灰岩地帯にのみ生える特産種で保存すべき貴重種
白い小さな花が咲くことからいう
花期7~8月 草丈15cm前後  葉には鋸葉があり、先が尖る

10日、伊吹山の続きです
西登山道コースから登り、くだりは久しぶりに中央登山道コースを下りた
昔下りたときは石がごつごつして苦労した覚えがありますが
今は急斜面ですが階段整備が整っていて歩き易かったです
愛らしいフウロソウがいろいろ咲いていましたが名前がいまいちわかり難い

イブキコゴメグサ

ibukikogomegusa09101.jpg


ハクサンフウロ

hakusanhuuro09103.jpg


hakusanhuuo09101.jpg


ibukihuuro09101.jpg


tatihuuro09101.jpg


ヒメフウロ

himehuuro09101.jpg


カワラナデシコ

kawaranadesiko09101.jpg


リンドウ

rindou09101.jpg


シモツケソウ

simotukesou09101.jpg


ルリトラノオ

ruritoranoo09102.jpg


タムラソウ

tamurasou09101.jpg


クサボタン

kusabotana09101.jpg


hatena09102.jpg


イブキトリカブト

ibukitorikabuto09101.jpg

スポンサーサイト
小伊吹薊<キク科>

伊吹山頂のような石灰岩地で、表土がよく乾燥し、風当たりの強いところに敵している
花期8~10月 草丈50~100cm 
伊吹山の固有種で葉には柄が無く深く切れ込み棘がある

9月10日、伊吹山のお花畑を訪れた。9月に訪れたのは初めてで
夏に山をピンクにに染めたシモツケソウは姿を消し、初秋の山は少し寂しげな色合い
でもやはりここはお花畑、サラシナショウマ・フジテンニンソウなど、たくさんの花が咲き
ここでダイモンジソウに出会えたのは意外な驚きでした

コイブキアザミ

koibukiazami09101.jpg


ダイモンジソウ

daimonzisou09102.jpg


アキノキリンソウ

akinokirinsou09101.jpg


アケボノソウ

akebonosou09101.jpg



クルマバナ

kurumabana09101.jpg


ツリガネニンジン

turiganeninzin09102.jpg


シオガマギク

siogamagiku09102.jpg


コウゾリナ

kouzorina09101.jpg


ミツバベンケイソウ

mitubabenkeisou09101.jpg


フジテンニンソウ

huzitenninsou09101.jpg


キンミズヒキ

kinmizuhiki09101.jpg


サラシナショウマ

sarasinasyouma09101.jpg


後へ続きます




2017.06.15 ヒヨクソウ
比翼草<ゴマノハグサ科>

山地の日当たりの良い草原に生える多年草
茎や葉、花柄などに白い軟毛がある。葉は対生する
花期6~7月 高さ30~60cm 花は直径8ミリほど

6月11日、伊吹山(1377m.)へ花散策に出かけた
いつもは山頂お花畑まで車で出かけていたが、今回は登山道を歩いて登ろうと思い立った
登山道入り口(220m.)から3合目(720m.)までの予定でしたが
日ごろの運動不足と帰りの予定時間の都合もあり、3合目手前で下山。残念でした
それでもいろいろな花に出会え、満足の登山でした

ヒヨクソウ

hiyokusou06111.jpg


イブキノエンドウ

ibukiendou06112.jpg


キバナノレンリソウ

kibananorenrisou06112.jpg


クサフジ

kusahuzi06111.jpg


ナワシロイチゴ

nawasiroitigo06111.jpg


サワギク

sawagiku06111.jpg


ゲンノショウコ

gennosyouko06111.jpg


タツナミソウ

tatunamisou06111.jpg


hatena06111.jpg


hatena06114.jpg


ユキノシタ

yukinosita06111.jpg


hatena06113.jpg


登山道入口  右側にユキノシタがいっぱい咲いていた

iriguti06111.jpg


一合目 ここから草原で歩きやすかった

itigoume06111.jpg


2016.08.08 イブキフウロ
伊吹風露<フウロソウ科>

伊吹山と東北地方の一部に生育するフウロ
本種はエゾフウロの花弁がの先が3裂したもの
花期7~8月 高さ30~80cm 花径は2~3cm

7月31日、伊吹山お花畑の続きです
伊吹山で初めて採集され、学会に報告された植物がおおく
イブキ(伊吹)と名の付く植物が約21~33種もあるそうです
今回はどんな花に出会えるかしら・・・?

イブキフウロ

ibukihuuro07312.jpg


ハクサンフウロ

hakusanhuuro07311.jpg


ヒメフウロ

himehuuro07312.jpg


グンナイフウロ

gunnaihuuro07311.jpg


イブキトリカブト

ibukitorikabuto07311.jpg


イブキジャコウソウ

ibukizyakousou07311.jpg


イブキタイゲキ

ibukitouki07311.jpg


クサボタン

kusabotan07311.jpg


キバナノレンリソウ

kibananorenrisou07311.jpg


キリンソウ

kirinsou07311.jpg


キヌタソウ

kinutasou07311.jpg


ミヤマコアザミ

koibukiazami07312.jpg


コバノミミナグサ

kobanomiminagusa07311.jpg


マルバタケブキ

marubatakebuki07311.jpg


ウバユリ

ubayuri07311.jpg


サラシナショウマ

sarasinasyouma07311.jpg


他にもツリガネニンジン・タカトウダイ・クルババナ・アカバナ・ヒヨクソウなど・・・

2016.08.05 ルリトラノオ
瑠璃虎の尾<ゴマノハグサ科>

伊吹山頂のお花畑のみに自生し、特産種とされる多年草
葉が対生し葉柄がない。花期7~8月 高さ1m.ほど
花がルリ色で、花穂が虎のしっぽのようでこの名がついた

7月31日、伊吹山頂(1377m.)のお花畑を散策した
今回は西コースより登り東コースを下った
お天気もよく、時期的にピンクのシモツケソウが一面色鮮やかに咲き乱れていました
駐車場には観光バスが数台とまり、登山道は人がいっぱい
登山中は汗びっしょりですが、風が通り抜ける場所ではきもちがよく、しあわせ

ルリトラノオ

ruritoranoo07311.jpg


ruritoranoo07312.jpg


クガイソウ

kugaisou07312.jpg


クサフジ

kusahuzi07311.jpg


コオニユリ

kooniyuri07312.jpg


カワラナデシコ

kawaranadesiko07311.jpg


キオン


kion07312.jpg


キンバイソウ

kinbaisou07311.jpg


アカソ

akaso07311.jpg


オハナバタケ (この場所は獣害防止柵が設置され、お花畑の植生回復をされていました)

ohanabatake07311_20160805231758e8b.jpg


メタカラコウ (真ん中の黄色い花)

metakarakou07311.jpg

オトギリソウ

otogirisou07311.jpg


つぎへつづきます