2017.06.15 ヒヨクソウ
比翼草<ゴマノハグサ科>

山地の日当たりの良い草原に生える多年草
茎や葉、花柄などに白い軟毛がある。葉は対生する
花期6~7月 高さ30~60cm 花は直径8ミリほど

6月11日、伊吹山(1377m.)へ花散策に出かけた
いつもは山頂お花畑まで車で出かけていたが、今回は登山道を歩いて登ろうと思い立った
登山道入り口(220m.)から3合目(720m.)までの予定でしたが
日ごろの運動不足と帰りの予定時間の都合もあり、3合目手前で下山。残念でした
それでもいろいろな花に出会え、満足の登山でした

ヒヨクソウ

hiyokusou06111.jpg


イブキノエンドウ

ibukiendou06112.jpg


キバナノレンリソウ

kibananorenrisou06112.jpg


クサフジ

kusahuzi06111.jpg


ナワシロイチゴ

nawasiroitigo06111.jpg


サワギク

sawagiku06111.jpg


ゲンノショウコ

gennosyouko06111.jpg


タツナミソウ

tatunamisou06111.jpg


hatena06111.jpg


hatena06114.jpg


ユキノシタ

yukinosita06111.jpg


hatena06113.jpg


登山道入口  右側にユキノシタがいっぱい咲いていた

iriguti06111.jpg


一合目 ここから草原で歩きやすかった

itigoume06111.jpg


スポンサーサイト
2016.08.08 イブキフウロ
伊吹風露<フウロソウ科>

伊吹山と東北地方の一部に生育するフウロ
本種はエゾフウロの花弁がの先が3裂したもの
花期7~8月 高さ30~80cm 花径は2~3cm

7月31日、伊吹山お花畑の続きです
伊吹山で初めて採集され、学会に報告された植物がおおく
イブキ(伊吹)と名の付く植物が約21~33種もあるそうです
今回はどんな花に出会えるかしら・・・?

イブキフウロ

ibukihuuro07312.jpg


ハクサンフウロ

hakusanhuuro07311.jpg


ヒメフウロ

himehuuro07312.jpg


グンナイフウロ

gunnaihuuro07311.jpg


イブキトリカブト

ibukitorikabuto07311.jpg


イブキジャコウソウ

ibukizyakousou07311.jpg


イブキタイゲキ

ibukitouki07311.jpg


クサボタン

kusabotan07311.jpg


キバナノレンリソウ

kibananorenrisou07311.jpg


キリンソウ

kirinsou07311.jpg


キヌタソウ

kinutasou07311.jpg


ミヤマコアザミ

koibukiazami07312.jpg


コバノミミナグサ

kobanomiminagusa07311.jpg


マルバタケブキ

marubatakebuki07311.jpg


ウバユリ

ubayuri07311.jpg


サラシナショウマ

sarasinasyouma07311.jpg


他にもツリガネニンジン・タカトウダイ・クルババナ・アカバナ・ヒヨクソウなど・・・

2016.08.05 ルリトラノオ
瑠璃虎の尾<ゴマノハグサ科>

伊吹山頂のお花畑のみに自生し、特産種とされる多年草
葉が対生し葉柄がない。花期7~8月 高さ1m.ほど
花がルリ色で、花穂が虎のしっぽのようでこの名がついた

7月31日、伊吹山頂(1377m.)のお花畑を散策した
今回は西コースより登り東コースを下った
お天気もよく、時期的にピンクのシモツケソウが一面色鮮やかに咲き乱れていました
駐車場には観光バスが数台とまり、登山道は人がいっぱい
登山中は汗びっしょりですが、風が通り抜ける場所ではきもちがよく、しあわせ

ルリトラノオ

ruritoranoo07311.jpg


ruritoranoo07312.jpg


クガイソウ

kugaisou07312.jpg


クサフジ

kusahuzi07311.jpg


コオニユリ

kooniyuri07312.jpg


カワラナデシコ

kawaranadesiko07311.jpg


キオン


kion07312.jpg


キンバイソウ

kinbaisou07311.jpg


アカソ

akaso07311.jpg


オハナバタケ (この場所は獣害防止柵が設置され、お花畑の植生回復をされていました)

ohanabatake07311_20160805231758e8b.jpg


メタカラコウ (真ん中の黄色い花)

metakarakou07311.jpg

オトギリソウ

otogirisou07311.jpg


つぎへつづきます
2015.08.08 キオン
黄苑<キク科> 花ことば「元気」

山地~亜高山の日当たりの良い草地に生える多年草
高さ50~90cm 花期8~9月
葉は互生し、長楕円形でふちに浅い鋸歯があり、先端がとがる
キオンは黄色の花が咲くシオンという意味

2日の伊吹山お花畑の続きです
今回は歩きやすい西登山道コースを頂上まで往復しました
帰りの登山道は人・人で数珠繋ぎでした。観光バスが何台も止まっていました

キオン

kion08023.jpg


キンバイソウ

kinbaisou08021.jpg


kinbaisou08022.jpg


キリンソウ

kirinsou08021.jpg


マルバタケブキ

marubatakebuki08021.jpg


メタカラコウ・シシウド(頂上付近のお花畑)

ohanabatake08021.jpg


シモツケソウ

simotukesou08022.jpg


シオガマギク

siogamagiku08021.jpg


ヤマホタルブクロ

yamahotarubukuro08022JPG.jpg


ワレモコウ

waremokou08021.jpg


クルマムグラ

kurumamugura08021.jpg


タカトウダイ

takatoudai08021.jpg


クサフジ

kusafuzi08021.jpg

トモエソウ


tomoesou08021.jpg

ウツボグサ

utubogusa08021.jpg


アカソにチョウ

tyou08022.jpg


ヤマアジサイ

yamaazisai08021.jpg


朝9時ごろの西登山道

tozandou08021.jpg








2015.08.06 イブキフウロ
伊吹風露<フウロソウ科>

伊吹山と東北地方の一部に生育するフウロ
高さ30~80cm 花期7~8月
花弁は5枚、花先は3裂する

2日、滋賀県の伊吹山(標高1377m)の山頂お花畑を散策
この時期は高山植物が咲き乱れ色鮮やかな山です
登山中は汗びっしょりですが、立ち止まって休むと心地よい風が通り抜けます
日曜日なので登山道は混雑していました

イブキフウロ

ibukihuuro08021.jpg


ハクサンフウロ

hakusanhuuro08021.jpg

ヒメフウロ


himehuuro08021.jpg


ルリトラノオ

ruritoranoo08022.jpg


クガイソウ

kugaisou08022.jpg


ダイコンソウ

daikonsou08021.jpg



コオニユリ

kooniyuri08021.jpg


カワラナデシコ

kawaranadesiko08021.jpg

ヒロハシモツケ

hirohasimotuke08021.jpg


イブキジャコウソウ

ibukizyakousou08021.jpg

?アザミ

ibukiazami08021.jpg


キバナノカワラマツバ

kibananokawaramatuba08021.jpg


ヒヨクソウ

hiyokusou08022.jpg


フジテンニンソウ?

huzitenninsou08021.jpg


イワアカバナ

iwaakabana08021.jpg




hatena08024.jpg


コバノミミナグサ

kobanomiminagusa08022.jpg


クルマバナ


kurumabana08021.jpg

オトギリソウ


otogirisou08021.jpg


ウマノアシガタ

umanoasigata08021.jpg


次へ続きます