日光黄菅<ユリ科> 花ことば「日々あらたに」「心安らぐ人」「夏美人」

本州の中部地方以北の山地の草原や林のふち、岩場などに生える多年草
花は朝開いて夕方にはしぼんでしまう一日花
花期7~8月 高さ60~80cm
花弁は6個あり、先端は少しそり返っている


28日、車山高原から蝶々深山・物見石・八島ヶ原湿原と約6キロほどを歩いた
以前訪れたときは草原全体がオレンジの花で染まるほどでしたが
近年増加したニホンジカに花芽を食べられ電気防護柵の中だけ花が咲いている
当日は校外学習の中学生が多勢参加していてとてもにぎやかでした

ニッコウキスゲ

nikkoukisuge0728.jpg


nikkoukisuge07282.jpg


nikkoukisuge07284.jpg


オトギリソウ

otogirisou0728.jpg


カワラナデシコ

kawaranadesiko0728.jpg


コウリンカ

kourinka0728.jpg


ウスユキソウ

usuyukisou07282.jpg


ハンゴンソウ

hangonsou07282.jpg


イブキトラノオ

ibukitoranoo0728.jpg


コキンレイカ

kokinreika0728.jpg


ノギラン

nogiran0728.jpg


シロバナハナニガナ

sirobanahananigana0728.jpg


ホソバノキソチドリ

takanesagisou0728.jpg


ヨツバヒヨドリ

yotubahiyodori0728.jpg


ノコギリソウ

nokogirisou0728.jpg


ヤマホタルブクロ

yamahotarubukuro0728.jpg


アカバナシモツケソウ

simotukesou0728.jpg
スポンサーサイト
2012.07.30 コウリンカ
紅輪花<キク科> 花ことば「特になし」


日当たりの良い山地の草原に生える多年草
花の色と車輪状の舌状花の様子から紅輪花の名がある
オレンジ色の舌状花は細く、はじめ水平上に出るが、長くのびてくると下に垂れる
高さ30~50cm 花期7~9月


満開のニッコウキスゲに会いたいと15日に訪れた車山高原を再訪した
黄金色の絨毯を敷き詰めたような景色を思い巡らしていたが
思ったほどでは無く、動物よけの電気牧棚にもがっくりです
でも高原の涼風は気持ちよく、足元に咲く可憐な花々は心を和ませてくれました


コウリンカ

kourinka0729.jpg


クガイソウ

kugaisou.jpg


カワラナデシコ

kawaranadesiko0729.jpg


コキンレイカ

kokinreika.jpg


マツムシソウ

matumusisou0729.jpg


ヤマハハコ

yamahahako0729.jpg


ナンテンハギ

nantenhagi0729.jpg


オトギリソウ

otogirisou0729.jpg


カラマツソウ

karamatusou0729.jpg


ヨツバヒヨドリ

yotubahiyodori0729.jpg


中腹のニッコウキスゲ

kesiki0729.jpg