西洋栃ノ木<トチノキ科>

マロニエの名で知られる。バチカン半島原産の落葉高木
高さ20~30m. 花期5~6月
トチノキに似ているが、葉はトチノキより小形
果実は直径5cmと大きく、、果皮に棘がある

月初めに罹ってしまった風邪がなかなか治らないない
24日、気分転換に草原の美味しい空気が吸いたくて緑化センターを訪れた
沢山の木の花が咲いていた。気分が少し楽になった
なのにまた新しく風邪に罹り、今は鼻水と咳に苦しんでいる

セイヨウトチノキ

seiyoutotinoki05242.jpg


ユリノキ

yurinoki05241.jpg


カルミア

karumia05241.jpg


アカバナエゴノキ

akabanaegonoki05241.jpg


クロミノニシゴリ

kurominonisigori05241.jpg


センダン

sendan05241.jpg


キソケイ

kisokei05241.jpg


クロバナロウバイ

kurobanaroubai05241.jpg


ウツギ

utugi05241.jpg


スイカズラ

suikazura05241.jpg


次はその他の花をUPします

スポンサーサイト
2017.01.04 ヤブツバキ
藪椿<ツバキ科> 花言葉「理想の愛」「謙遜」

日本の代表的な花木のひとつで庭や公園になどに広く植えられている
常緑高木で高さ5~10m. 花期10月~4月
花弁の基部と雄しべの下部がくっ付いていて、散るときは一緒に落ちる

1月3日、今年初の森林浴に出かける
海上の森、物見山(328m.)を登る
お正月だからか駐車場は意外と満杯
朝方雨が降ったようで登山道、枯葉が濡れていた

ヤブツバキ

tubaki01031.jpg


カンアオイ

kanaoi01031.jpg


枯葉道

otibamiti01031.jpg


杉林

sugibayasi01031.jpg


この階段を登れば頂上はまじか


tyouzyoukaidan01031.jpg


頂上

monomiyama01031.jpg



2016.06.27 バイカツツジ
梅花躑躅<ツツジ科>

白い小さな花を梅の花にたとえた名前といわれる
林の縁などに生える落葉低木
葉の陰に隠れるように紫色の斑点のある白い花が咲く
花期6~7月 高さ1~2m.

26日、久しぶりに海上の森を訪れた
今日は駐車場が満車。道路にも止められていた
大正池までの、のんびり散策でした
なぜかこの森は蒸し暑い。汗がじっとりだけど木陰は涼しい

バイカツツジ


baikatutuzi06261.jpg


キハギ

kihagi06261.jpg


コマツナギ

komatunagi06261.jpg


ムラサキシキブ

murasakisikiba06261.jpg


アカメガシワ

akamegasiwa06261.jpg


ヒメコウゾ

himekuzo06261.jpg


エゴノネコアシ

egononekoasi06261.jpg


ウマノスズクサ

umanosuzukusa06263.jpg


ネジバナ

nezibana06261.jpg


オオバノトンボソウ

oobanotonbosou06261.jpg


クサノオ

kusanoo06261.jpg


ショウジョウトンボ (大正池にて)

syouzyoutonbo06261.jpg



2016.03.28 シデコブシ
四手辛夷<モクレン科> 花ことば「歓迎」 「友情」

中部地方のごく限られた地域に分布する日本固有種である
四手とは玉串やしめなわなどに下げる紙のことをいう
花期3~4月 高さ2~4m.
細長いリボン状の花びらを12~18枚外向きにつける

27日、イワナシが綺麗に咲いたと情報があり、春日井、少年自然の家を訪れた
丁度シデコブシ、ショウジュオウバカマが満開で良い時に訪れた

シデコブシ

sidekobusi03271.jpg


sidekobusi03272.jpg


sidekobusi03274.jpg


sidekobusi03276.jpg


sidekobusi03275.jpg


ショウジョウバカマ

syouzyoubakama03271.jpg


syouzyoubakama03272.jpg


イワナシ

iwanasi03272.jpg


?スミレ

sumire03271.jpg


コバノミツバツツジ

kobanomitubatutuzi03271.jpg


アセビ

asebi03271.jpg



2015.08.24 トロロアオイ
黄蜀葵<アオイ科> 花ことば「願う気持ち」

大型の淡黄色の5弁花をやや下向きにつける。別名花おくら
花期9~10月 高さ1~2m. 原産は中国
根をすりつぶした粘液が手漉きの和紙の糊として利用されてきた
根を鎮咳薬などに用いられる
葉は互生し大きくて5~9つに深く裂ける

トロロアオイの花がきれい!とテレビで放映されていたので早速
23日、和紙のふるさと豊田市小原地区を訪れた
花は一日花で夕方早くに閉じる
時期が遅かったのか花は数輪しか咲いていなかった。会えただけ良かった
帰りみち県の緑化センターへ寄り道した

トロロアオイ

tororoaoi08232.jpg


tororoaoi08233.jpg


オミナエシ

ominaesi08231.jpg


クチナシ

kutinasi08231.jpg




mame08231.jpg


ナンバンギセル

nanbangiseru08231.jpg


ムクゲ

mukuge08231.jpg