白山一華(キンポウゲ科)

中部地方の高山の草地などに生える多年草
しばしば大きな群落を作る 高さ20~50cm
根生葉も花茎に輪生する4個の葉もともに深く切れ込む
花は白色で直径3cmほど、茎の先に2~6個つく

6月14日、バス旅行で平湯温泉へ出かけた
温泉と美味しい食事がメーンなので、乗鞍岳は帰りの寄り道程度
フリータイムは30分。まだ雪が残っていて花数は少なかった

ハクサンイチゲ

hakusanitige06141.jpg


hakusanitige06143.jpg


ミヤマキンバイ

miyamakinbai06141.jpg


hatena06141_201806171114310ff.jpg


ハクサンシャクナゲ

hakusansyakunage06141.jpg


ヤマガラシ

yamagarasi06141.jpg


basusenta-06141.jpg


ike06143.jpg


ike06142.jpg

スポンサーサイト
2018.06.10 ガクアジサイ
萼紫陽花<ユキノシタ科>

暖地の海岸付近に生える落葉低木。古くから園芸科されされ公園などに植えられている
花の色は土壌の酸性度や肥料によって微妙に変化する
高さ1~2m. 花期6~7月
枝先に直径10~30cmの花序を出し真ん中に両性花。まわりに3~5の装飾花をつける

我が家は今年に入り予想外のことがいろいろおきている
今度は私の愛用しているNikonの一眼カメラにErrマークが点滅する
修理保障期間は過ぎてしまった。早いもので11年も使用している
でも気に入っているので同じ型をネットで調べてみたら修理代くらいで手に入った
新中古かな・・?シャッター回数が少ない。お値打ちなカメラだ
早速近くの名城公園へ試し撮りに出かけた

ガクアジサイ

gakuazisai06101.jpg


gakuazisai06102.jpg


azisai06101.jpg


tessen06101.jpg


hatena06101.jpg


bara06101.jpg


yuri06101.jpg


yuri06102.jpg


tyou06101.jpg


uma06101.jpg


usagi06101.jpg


zou06101.jpg









2018.05.07 ガンコウラン
岩高蘭<ガンコウラン科>

亜高山~高山の日当たりの良い瓦礫地に生える常緑小低木
よく枝分かれしてマット状に広がる。葉は密に互生し、長さ5~6ミリ
花期5~7月 葉のつけ根に小さな花をつける。雄雌別株
果実は5~10ミリの球状で黒紫色に熟し、甘酸っぱい

4月28日、29日と恒例の八ヶ岳方面へ出かけた。お天気は晴天
28日は八ヶ岳倶楽部(柳生 博さんオーナー) カタクリが咲いていた
昼食は少し遅めにとサントリーワイナリー登美の丘を訪れたが
レストランは数年前に閉店されたとか。調査不足でがっくり

29日は北八ヶ岳ロープウエイにのり、坪庭(2237m.)を散策(1時間程)
標高が高いだけあり雪がところどころ残っていた
庭を整備されている方に「今花は何が咲いていますか?」と尋ねたところ
「ガンコウラン、だけだね・・」と ランと聞いて喜んだ私。「葉の間の赤い小さなのが花だよ」 えー

縞枯山荘ではゆっくりコーヒーを味わった。山は空気が美味しく最高

ガンコウラン

gankouran04291.jpg


八ヶ岳倶楽部


yatugatakekurabu04281.jpg


カタクリ

katakuri04281.jpg


イカリソウ

ikarisou04281_20180507150051f12.jpg

ハウチワカエデ

hautiwakaede04281.jpg


ムシカリ

musikari04281.jpg




mokudou04281.jpg


登美の丘より 富士山

huzisan04281.jpg


ガンコウラン

gankouran04292.jpg


坪庭

tuboniwa04291.jpg


tuboniwa04292.jpg


yukigesiki04291.jpg


simagaresansou04291.jpg




2018.04.03 ヒトリシズカ
一人静<センリョウ科>

光沢の有る葉の間に白い花穂が立つ姿を静御前の舞姿にたとえた
丘陵から山地の林の下や草地に生える
花期4~5月 花穂は長さ1~3せんち 高さ10~30cmになる

2月末、永年活躍してくれた我が家の愛車「テリオスキッド」が故障してしまった
次の車「タント」が納車されるまで3週間以上はかかるという
軽なれど人気が有るそうだ。運ぶ運転手不足も影響しているとか・・・

3月31日。新車で初の花散策、香嵐渓へ出かけた
カタクリの自生地で有名な場所。でも満開は一週間前・・駐車場の人が残念がってくれた

お天気もよく、気持ちのよい風に吹かれいろいろな花に出会えた

ヒトリシズカ

hitorisizuka0331kourankei.jpg


hitorisizuka03312.jpg


キクザキイチゲ

kikuzakiitige03311kourankei.jpg


ヤマルリソウ

yamarurisou03315kourankei.jpg


yamarurisou0331kourankei.jpg


アオキ

aoki03311kourankei.jpg


カタクリ

katakuri03311kourankei.jpg


カタクリ白花も

katakuri03312kourankei.jpg


katakuriyama0331kourankei.jpg


スミレ

sumire03312kourankei.jpg


ミツマタ

mitumata03311kourankei.jpg


hasi03311kourankei.jpg



2018.02.08 シナマンサク
支那満作<マンサク科>

中国中部原産の落葉小高木
花期1~3月 葉に隠れたように花が咲く
長さ1,5~2.3cmのリボン状な花弁が伸びる。黄金色で香りがよい

昨年末、アッシー君(夫)が病に倒れ入院、お正月は病院通いの日々
一月末の検診結果で通常の生活に戻ってもよいと許可をもらいました
2月6日、お気に入りの緑化センターへ出かけた
爽やかな青空のした、空気は冷たく気持ちがよい。健康のありがたさを痛感した

シナマンサク

sinamansaku02062.jpg


マンサク

mansaku02064.jpg


mansaku02065.jpg


ソシンロウバイ

sosinroubai02061.jpg


sosinroubai02062.jpg


フクジュソウ

hukuzyusou02062.jpg


senta-iriguti02061.jpg


huukei02062.jpg